HOME

通講座のみなさまへ


こんにちは アトリエレモンリーフ 影山です
いつも通信講座にご参加いただきありがとうございます。

教室ではご指導してはじめて気づくことがたくさんあります。生徒さんにとって難しい箇所、、質問がでたこと わかりやすい説明の仕方など。

そんな教室現場のエッセンスを吸い上げ、一番濃く、ベストな状態をウェブレシピに反映してお届したく思っています。発送時期が通常レッスンのすこしあとになっているのには、そんな意図がありまます。


文字が読みずらいときは
コントロールキーを押しながら + のキーを押すと大きくなります。

印刷が必要な方は
右クリックして印刷を選んでください。右クリックで反転させてから、必要部分のみを印刷することもできます。

このページをパソコンへ保管したい方は
ページ上で右クリック 「名前を付けて保存」を押してください、ご自身のPCでいつでもご覧になれます。

ご不明な点、ご質問は遠慮なく御連絡ください。
お問い合わせ先はお手元の作りかた(B5サイズ)にございます

お花教室の先生へのお願い


このページは
転送不可です。内容はアトリエレモンリーフに帰属します。

オリジナルデザイン工法使用について、利用料などのコミッションは一切、考えておりません。花インテリアを多くの方にお楽しみいただきたいとおもっております。

唯一、お願い事項としたしまして

デザイン、作り方の考案には誠意取り組んでおりますので、ご自身の教室でレッスンをされる時は、事前に承認を得ていただきたくご一報をお願いたします。
生徒さんにもアトリエレモンリーフより承認得ている旨、ご説明をお願いします。

またSNSでの発信する時はオリジナルアトリエレモンリーフと明記、タグ付をお願します


これだけネットが発達しているとどこかで、かならず、目にします。

お互いの作品にリスペクトしあえる信頼関係を大切に考えてくださる方とのご縁を育めたら、大変嬉しく思います。

共に花業界の発展をめざしましょう!

ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

アトリエレモンリーフ 影山さちこ。


(2018年度 第2回 )

フンワリ浮かすミラクルボックス アレンジ
     
花材:染色花2種(ブルー)A ライラックA、デルフィフラワーA  アジサイA、レースフラワーA ネリネA アクリルケース2種 リボン アクリル板 ラインストーン、アンティークコンポート

A=アーティフィシャル P=プリザーブド D=ドライ

――ポイント――
・最近のトレンドを生かす浮遊感が楽しめるアレンジです。

・アクリル板やケースにグルーが誤ってつくと、とれないので、くれぐれも気をつけましょう

・下2センチくらいを開けて作ると浮いているようにみえます。

・ケースにあたらないように、高さを確認しながらつくりましょう

作り方 
 
(1) アクリル板をカットします 
長方形 13.5cm X 15.5cm(アクリル板の短い辺) 
正方形13.5cm X 9cmにカット。
どちらも13.5が上辺になります。

ケースに斜めにいれて、ゆがむときは少しカットして微調整しましょう。

(2) 全体の花を長方形と正方形のケース分にわけます 1:2か2.5程度

(3) 長方形のアクリル板 片面にイメージしてお花をおいてみます。

(4) グルーで周りの花から留めていきます。アウトラインをきまりあとは内側をうめていきます。やや中央が小高くしましょう。シルエットは球、ドロップ型、いろいろ好きなカタチにトライしましょう。

このとき花があたらないか、時々チェックします。高さ5センチ程度。裏面にして同じようにつくります。小さいほうも同じ要領で。

(5) リボンをカールさせて、花の裏にとめます。入れ込みます

(6) ストーンを台座やお花、ケースにデコレーションしましょう。

★定期の方は花ドリルの9個性的なアレンジにファイルしましょう。
ご質問・連絡先 info@lemonleaf.jp
アトリエレモンリーフ 影山さちこ
 

こんにちは!

ミラクルボックス 大人気で今月もたくさんの方にご参加いただきました!

ではさっそくつくってみましょう

長方形 13..5cm X 15..5cm(アクリル板の短い辺) 
正方形13..5cm X 9cmにカット

どちらも13.5が上辺になります。カッターで筋をつけて、ぺこぺこっと折ると パリッと別れますよ
 
 13.5が上です
ケースにはいるかいれてみましょう。

ケースに小さな紙がはさまっているところが、境目です。力を入れて持つと、かえってひきだせないので、軽くもってひいてみてください。

アクリルケースは落とすと傷がはいりますので、気を付けてくださいね それからグルーが垂れて、つくのも厳禁です。 もうとれないので。

そのときは、小花などで隠しましょう
すべての花材を茎 1.5センチくらいにカットします。
 白い花はふと枝からカットします。。
あじさいは、ふと枝からはずして、小房にしておきます。必要に応じて、一輪はずして使います。 
 花材ををケースにあわせて大小二つにわけます。

1:2

1:2.5

どちらに何を使うか、ここが楽しいところ、お好きな花をえらびましょう

色で分けると大小の雰囲気がガラリとかわります。ミックスすると統一感がでますね。、 
では実際に仮にプレートにおいてみます。

置き方は茎を(お尻)を内側にむけて、つきあわせるようにして置きます。

かたちはドロップ型、、円。先がとがって、斜めのドロップなど、なんでもあり、いろいろ楽しんでつくりましょう

ポイント
コツは下のほうを2センチはあけること
そうでないと浮いて見えません

そして斜めからみてチェックを、入れたときに正面になります。
イメージがOKであれば、グルーでとめていきます。

ポイント
順番は上下左右、一番下の花から、そっととりだして、とめつけます。

そうするとアウトラインがきまり、作りやすくなりますね!

あとはその範囲中をうめてきます。 やや小高く 5センチまでなら ケースにぶつかりません。
片側ができたら、 反対側もつくります。

ケースを横にして、そこに伏せておくと、お花がつぶれません。

もうすでに片側ができているので、アレンジ範囲もわかりますね!
 同じ要領で、まずおいて、イメージをつくり、よければ、まわりからとめていきます。

あるいはこちらの面は範囲がわかっているので、先にメインをおいて、まわりをうめていくのでもOKです。
 内側に茎をむけてつけていきますが、ドームの上のほうになる花材は高さを出すために、プレートにはつけておらず、すでにあるる花につけることが多くなります。
 しあげはかならず脇もチェック、穴があいていたら残りの花材で埋める、または 花同志をひっぱってみましょう。

あるいは プレートに花をとめると、穴が埋まるケースもほとんどです。

ポイント
安易に花を足すと、つまりすぎて、苦しそうにみえることもあるので気をつけましょう。フンワリ感が魅力のアレンジです。 
 小さい方もまったく同じ要領でつります。
 片面がついたら、のせてもう片面へ
 この方は小さい方に、ネリネをあつめていますね。
 仕上げにリボン。



これはカーリングリボンです。まず2~3等分にカットしましょう。

さらに細く使いたい場合は縦に二つにカットします。
 ハサミなどでしごきます。ゆっくりで大丈夫ですよ 
 カールしたら 花の裏側にとめつけます。リボンを這わせて完成です。

片側はとめても、遊ばせておいてもどちらでもOKです

ラインストーンは自由につかってみましょう!
お花の中央につかったり、あるいは プレートをサンドイッチして、水玉のようにしたり、みなさんいろいろ楽しいでつかっておられました。

私は台座の四隅を飾ってみました。

あと、ケースの四隅にとめてもステキでしたよ。ケースに貼るときのコツはグルーをつけすぎず、張るときはそっと押す、グルーがはみ出ない程度に。

完成サンプル画像











教室の風景から

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
いかがでしたか?

フンワリ浮くミラクルボックス出来上がってみると嬉しいですよね~、今回の花材には手染めのリボンフラワーをおいれしているのをお気づきでしょうか?

職人の方が一輪づつ染めています。一輪で千円近くするのですが、ほんとに色がキレイで素敵な花だと思ったのでとりいれました。

業者さんからは、全く同じ色にはならないかもと言われたのですが、「それはだめ、サンプルと同じにして!」と駄々をこねてみました(笑)うまくいきました、

プリザーブドも含めてですが、このような花は顔の近くでみるからこそ、良さがつたわります。遠目にみる壁掛の花インテリアの制作にに使う必要はありません

つまり花は素材によって、どこに使うか、テーブルの上で顔を寄せてみるのか、遠目なのか、要所要所によって、使い分けることが大切なのですね

次回はとってもさわやかなグリーンリースです。これまた今回とは雰囲気がかわります。

こうでなければという枠や固定概念にとらわれず、今ある旬の最高の花材を優先してデザインする。

アトリエレモンリーフのコンセプトをどうぞお楽しみに(^^)/

それではまた
アトリエレモンリーフ 影山、

ご不明な点はいつでもご連絡ください。お問い合わせは
お読みいただきありがとうございました。
アトリエレモンリーフ 影山

HOME